埼玉県断酒新生会 50周年記念大会 参加

かねこカウンセリングオフィスの金子です。

昨日、5月26日(日)に戸田市文化会館で掲題の50周年記念大会があり、大会に関係している方からのご紹介で、参加してきました。

「断酒会」を初めて聞く方は、何の会??と不思議に思うかもしれません。

断酒会とはアルコール依存症の方々の自助グループです。私は以前勤務してた愛媛県の精神病院時代に院内で行われていた断酒会に毎週、心理職として参加していました。

また看護師、精神保健福祉士と共に県外の泊りの断酒会にも参加したこともあります。

埼玉に戻ってからはクリニックで依存症の方とはカウンセリングを通じてお会いすることはありましたが、自助グループへの参加はなかなか出来ていませんでした。

そんな中、タイミングと偶然のめぐりあわせで、今回、久しぶりに参加させて頂き、当事者の方々の生の声や会場の雰囲気などを体験し、やはり「依存症という病は自助グループに出席することが一番の治療だな」と痛感しました。

現在、お酒の問題で悩まれている方、もしくはご家族の方々がいらっしゃいましたら、お住いの自助グループ(断酒会やAAと呼ばれるもの)に勇気を出してご連絡することをおすすめします。もちろん、当オフィスでも微力ながらお役に立てればと思います。

ではでは。

追:「一日断酒」、「例会出席」。アルコール依存症や他のアディクションと呼ばれる依存症は本当に一筋縄ではいかない病ですが、基本的な治療は、薬物療法を軸に、精神療法(カウンセリング)も効果的とも思いますが、やはり、自助グループ。この自助グループの存在なくして、依存症の治療は成り立たないと私は思います。